商品を通して広がる世界

日本とドイツの文化の橋渡し

ドイツは医療・機械・自動車などの産業に代表されるように、世界有数の技術立国です。そのドイツのコーヒーメーカーであるDEK社がクライスカフェの生みの親になります。 DEK社は世界中にインスタントコーヒーの販売を行うワールドワイドな老舗メーカーです。その世界で愛されているコーヒーを、日本でも楽しんでいただけるように日本とドイツの橋渡しを行っているのが私達クライスカフェジャパンです。

いくら優れた商品であっても商品の表現の仕方によってはご理解やご賛同が得られずに終わってしまう可能性があります。私達はどのような表現方法をすれば日本の消費者の方にご理解いただけるかを考え、日本向けのオリジナル商品の企画開発にも力を注いでいます。

コーヒーを通して、日本とドイツの文化・多様な価値観を相互に理解し・尊重し合うきっかけにしていきたいと考えています。

  • 世界の人々に広く愛されているコーヒーを日本に届けたい
    世界の人々に広く愛されているコーヒーを日本に届けたい
  • クライス・カフェのコーヒーはドイツのDEK社で製造
    クライス・カフェのコーヒーはドイツのDEK社で製造

ビジョン

美味しいコーヒーとの出会いはきっと暮らしを豊にしてくれるはず。
そんな出会い感動を多くの人に届けていきたい。

日本とドイツでもライフスタイルや価値観・文化は異なりますが、急速にグローバル化が進み、国境が消えつつある現代においては価値観は多様化するとともに、より個別化・差別化してきており、それらの変化に対応していくことが必要です。コーヒーにおいても、香り・コク・酸味・苦みなどの特長があり人それぞれ様々な好み・楽しみ方があります。また、原材料の生豆も生産地の気候、生産者や製造方法でも大きく風味の違いがあります。だからこそ、コーヒーは奥が深く・魅力的で今でも世界中の多くの人に愛されています。 あなたが「美味しい」と思う一杯に出会える様に、世界の多種多様なコーヒーを日本にご紹介していきます。 また、従来にない新しい商品の企画・開発にも力を注いでいきます。

PAGE TOP