クライス通信 Vol.1

クライス通信vol.1ではインスタントコーヒーの世界の消費量についてご紹介します。

世界の1年間生産量:約35万トン 生産に必要なコーヒー豆 豆:約91万トン 麻袋:150万個(1袋:60kg)

100gの場合:クライス・エコ
内容量:100g 生産に必要なコーヒー豆 豆:約260g

コーヒー消費量に対してのインスタントコーヒーの割合 イギリス:90%以上 日本:50% アメリカ:33%

世界で飲まれているコーヒーの内
4杯に1杯がインスタントコーヒーだと言えます。

「AFCASOLE※の統計によると、世界では約35万トンのインスタントコーヒーが毎年生産されています。一般的な製法では、1 キロのインスタントコーヒーの生産に、その倍以上の2.6キロのコーヒー豆を使用する計算となり、毎年91万トン、コーヒー豆60 キロ入り麻袋にして約150万個のコーヒー豆がインスタントコーヒーへと生まれ変わっています。

麻袋は頑丈で輸送に適しているばかりでなく、通気性にも優れています。生豆が呼吸することができ、鮮度を保つことができます。袋の重さは生産地などによって異なります。

ヨーロッパでは、年間約10万トンのインスタントコーヒーが消費されています。その中でも、イギリスは最大の消費量で、コーヒー消費量 全体の90%以上がインスタントコーヒーです。日本での消費割合は約50%、アメリカでは約33%となります。
世界の平均消費割合は、約25%で、消費される4杯に1杯がインスタントコーヒーという換算です。簡単に、すぐに飲め、味もまろやかなインスタントコーヒーは、絶え間ない品質改良と製品の多様性も相まって、その消費量がレギュラーコーヒーを上回る国もあります。

PAGE TOP