↑ニュース一覧へ戻る

インスタントコーヒーは梅雨の季節が特に苦手2019.07.24

梅雨の時期、草木や作物にとっては大事な時期。。。解ってはいるのですがジメジメ嫌ですよね。。実はインスタントコーヒーにとっても嫌な季節なのです。

インスタントコーヒーはとにかく水分に弱いのです(別の言い方をすれば水分が欲しくて欲しくてカラカラの状態なのです)日本は水資源豊かな国ですが故に空気が湿気を帯びまた高い時期が絶え間なくやって参ります、特に今の梅雨の時期から夏場~秋の台風の時期にかけては空気中にかなりの湿気を帯びており少しの間のビンのフタの開け閉めで容器内のインスタントコーヒーに影響が出てしまう事もあるのです。

ここで改めてインスタントコーヒーは未開封なら長期保存がきく商品でございます、ただ開封しますと各商品のラベルに記載させていただいておりますが「早目にお召し上がりください」とご案内しなくてはならない食品でございます、具体的に期間のお問合せを頂戴することがございますが通常の状況(湿度)ならば「約1か月」とご案内させていただいております、但し湿気の多い季節、環境ではさらに期間が短くなる場合がございますのでその点は予めご了承いただきたい点でございます。

次回は保存方法などについて少しお伝え出来ればと思います。

3904653

PAGE TOP